CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PR
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    遅くなりましたが「ひつじ展OSAKA」無事に終了いたしましたm(_ _)m
    0
      おかげさまでひつじ展OSAKA,
      無事に終了することができました!
      皆さま、ありがとうございました!



      どの方とも、ひつじ談義に、手紡ぎ談義、手織りにニットと、話の尽きることがありませんでした。

      そして、今回は、ひつじパレットでも活躍してらしたモンゴルの方たちが、何組も遊びに来てくださったことが、とても印象的でした!!

      モンゴル羊毛の話、モンゴル政府の羊毛と遊牧民政策について、モンゴルの暮らしの一面について、
      広大な国土の美しい風景と、ひつじの原種であるアルガリが今も山々に生息していることや、
      ひつじ飼いならぬ、トナカイ飼いさんもいることなど、本当にいろいろな話を聞くことができて、目からウロコがぼろぼろ。
      そして、モンゴルという国のイメージが自分の中で変わってゆきました。

      「ひつじ」というワンワードで、つながってゆく世界。
      その世界は想像を超えて、奥深く広大だ、と、しみじみ感じた3日間でした。
      この企画を考えてくれた、原日和さんに、感謝デス!!



      スタッフの皆さま、
      作品を出展してくださった皆さま、
      ひつじ展製作に手を貸してくださった皆様、
      そして共にひつじ展を楽しんでくれた皆さま、 
      本当に本当に、ありがとうございました!!




      | イベントのお知らせ | 08:03 | comments(0) | - | - |
      12月8日(日)は、いつくしみめぐる市!
      0
        今週日曜は、かふぇたま手芸部で、いつくしみめぐる市 に出店しまーす!!

        2013年12月8日 日曜日 10時〜15時
        場所:和泉市万町 石尾山弘法寺
        アクセス http://www11.ocn.ne.jp/~kobozhi/access.html

        オーガニックマーケット&可愛い雑貨たち


        おなじみ!
         ふわふわ羊毛を紡ごう!
         もやります。

        ミニバッツ紡いで300円!
        今回も避難者さんは無料かな???
        えびちゃん、どうだっけー?

        今回は、バッツとスピンドルの販売もやりまーす!



        アートヤーンのミニミニ毛糸だま 100円〜300円



        避難ママたちの手作り品も販売!









        宮城県 新地町仮設住宅の女性たちが編んだ エコたわし!



        えびちゃんの新作も楽しみ〜〜〜〜^^v

        南大阪の皆さん、ぜひ遊びに来てね〜〜〜♪♪

         

        | イベントのお知らせ | 06:13 | comments(0) | - | - |
        楽しかったね>いのち紡ぐわたしたち
        0

          昨日11月3日は「出張!かふぇたま手芸部 in いのち紡ぐ私たち」でした〜〜

          あいにくの小雨模様の一日でしたが、しほさん、ともさん運営の「明日の暮らしブース」は、朝から熱かった!!

          私たちも準備です〜〜







          イベント開始の10時から、午後2時ごろまで、ずーーーーっと誰かが糸紡ぎ〜〜











          合計28名の方に、スピンドル紡ぎを楽しんでいただくことができました!

          昨日は、物販も兼ねてだったので、イベント全体を楽しむ時間はあまりなかったのがちょっと残念(毎度、これです^^;;)

          遊びに来てくださった皆さま、ありがとうございました==!!
          初めてお会いできた皆さま、これからもよろしくお願いしますm(_  _)m




          | イベントのお知らせ | 09:59 | comments(0) | - | - |
          かふぇたま手芸部メンバー作品★芦屋アートバザールに登場!
          0

            明日からの2日間、芦屋アートバザールに、出店してきまーす!!

            芦屋アート・バザール


            作者とお客様との創作活動を通じた交流を目的として開催。さまざまな技法による個性的な作品が美術博物館の庭に並ぶアートバザール。この秋も開催いたします。

            開催日
            日時:2013年10月5日(土)〜6日(日)  10:00〜16:00 *雨天中止
            会場:芦屋市立美術博物館 前庭

            <芦屋美術館 アクセス>
            http://ashiya-museum.jp/access


            今年はかふぇたま手芸部からも、えびちゃん、Mさん、Aさん、Kさん (福島〜関東からの避難者さんです)が出品!!
            関西メンバーは、マーサ先生、花ちゃん、じじの3人、総勢7名となりました。

            みんなの作品を紹介しまーす!!

            Aさんの、楽しいシュシュシリーズ!



            カラフルで、もしゃもしゃ==!!
            布だけど、どこかアートヤーンテイスト!
            かわい〜〜ん♪
            小さいのが300円、大きいのが600円です

            Kさんは、天然石アクセサリー 
            ブレス1300円〜
            ストラップ 1000円〜



            ひとつひとつにメッセージがついています。

            おなじみ、Kさんのヘアゴムに、会津木綿が登場しました。



            シックな濃紺(濃紫?)と、赤のしましま
            おしゃれです〜〜〜


            関東からの避難ママ・えびちゃん作品!

            手編みのマフラー&ネックウォーマー!





            替えカラーぽく巻くのもステキ♪

            同じく関東からの避難ママ・Mさん作品

            がまぐち、いっぱーい♪



            作りが丁寧です。

            ブローチ



            指編みマフラー


            そして、こちら、私とのコラボ作品なんでございます。(といっても、ほとんど全部、Mさんが作った!)
            アートヤーン クッション!



            じゃーん



            色違いでおそろ〜〜



            クッション&クッションカバーセットで2500円にしました。
            お買い得、お値打ち価格!と、思ってるんですが^^;;; いかがでしょう〜〜?

            実は材料費が、アートヤーン以外全部無料、というかいただきものなのです。

            クッションのパンヤ綿は、モモの家 からもらいました。
            ウールやベッチンの上等布地は、傍房さん からもらいました。

            巡り巡って、かふぇたま手芸部に集まってきた素材で、Mさんがせっせと作ってくれたクッション&クッションカバー。
            この冬、あなたのおうちの和みグッズとして飾ってやってください!

            ★避難者さんの作品の売上は、全額、避難者さんのお手元に行きます。
            手仕事を通して、ぜひ応援してください!!

            皆さん、ぜひお買いものにいらしてね〜〜〜〜!!

            | イベントのお知らせ | 12:20 | comments(0) | - | - |
            今私ができること。
            0

              おはようございます〜 かふぇたま じじです。
              今月のかふぇたまは、いろんな事情で予定が立たず、カレンダーもアップできなくてごめんなさい
              m(_ _)m

              来月も長めの夏休みをいただき、9月にはなんとか予定も出るかな、という感じです!!

              さて、もうじき選挙ですね!
              脱原発を目指す私たちにとって、本気で考えねばならない選挙。
              世界中に原発を売り歩くような政党がのさばるようでは、海外各国の皆さまに申し訳が立ちませんよね!

              でも、どの政党が私たちの気持ちを代弁してくれるのかな〜?って迷ってるあなた!
              実際に、立候補者さんの話を聞いてみるってのはいかが??

              谷六の美味しいおそば屋さん・つたやのともさんから、こんなお知らせが届きました===!
              すいません、ギリギリで!
              明日のイベントです。


              こんにちは〓〓毎日暑いですね〜〓

              選挙前でもう期日前投票に行かれた方もいると思いますが、緑の党のお話会を蔦やで開催することになりました。
              これは決して緑の党に入れてくださいという目的ではありません。私も初めてです。まず選挙に行ってワケわからん政治に関わる第一歩として、お話聞いてみたらいいかなあと思っています。

              正直どこに入れたらいいかわからないし、緑の党の力はまだ小さいものです。でもこれからどんな政治にできるかの希望を知るための一つとして、ウイコさんのお話を聞いてみませんか?
              私たちと同世代!?(私よりかなり若い方やけど…〓)で今妊婦さんで、難しい話ではなく一緒の背丈でお話を聞けるのではないかととっても楽しみです!!

              是非お友達も誘ってご参加いただきたいです〓〓〓ピカチュウも若い世代代表でトークしてUSTしてくれまあす〓〓若者の力、女の力ってすごいんじゃない!?


              「長谷川ういこと話そう!+トークセッション

               7月18日 10:00〜11:45 緑の党・長谷川ういこさんと話そう!
              @大阪谷町六丁目 蕎麦切り蔦屋 (s.tabelog.com/osaka/A2702/A2…)
              原発、経済、ぶっちゃけ話そ!PIKA☆さんとの対談も!お子様連れ歓迎


               連絡先:   email. yukoa@willcom.com /tel. 070-5662-2502  

              定員30名・出来るだけご予約を!担当鈴木)
              主催: 長谷川ういこ事務所


              こちらのお知らせ、拡散希望です!
              FB,ツイッター、電話での拡散お願いします

              *不特定多数のメーリングリスト不可だそうです

              | イベントのお知らせ | 09:45 | comments(0) | - | - |
              youtubeでハートネットtv★3.11を考えるきっかけに!
              0
                 
                ハートネットtv、皆さんごらんになりました〜〜?
                私は結局(2)を見逃しましたが、youtubeにアップされてると教えてもらって、(1)(2)ともに見ることができました。

                ハートネットTV Our Voices 原発被災者からの手紙(1)
                http://www.youtube.com/watch?v=-2GGPs9qMC0

                ... .ハートネットTV Our Voices 原発被災者からの手紙(2)
                http://www.youtube.com/watch?v=WSLwu0ojqPA

                かふぇたま手芸部でおなじみのkさんも、めっちゃかわいく映ってた^^v
                とってもいい番組です。
                原発事故はまるで終わってなく、誰も責任とってないことをキチンと伝えています。
                被災地外にいる私たちに何ができるのか、考えるきっかけになると思います。
                ぜひ、みんなに見てほしいです。

                震災から2年とちょっと。。。
                被災した人たちばっかりが、苦しんで悩んでる現状に、なんだかなあ、、、って思います。
                被災しなかった私たちは、3.11のことを忘れようと思ったら、簡単に忘れられるし、
                見ない、ふれない、拒否することもカンタンにできます。
                 
                でもね、私、今の状況見て、ヒロシマの当時と同じなんじゃないか、と思うのです。
                私はそんなにヒロシマのことを勉強したわけではないですが、
                心打つコミック「夕凪の街・桜の国」でも、「はだしのゲン」でも、被爆した人たちが世間から徹底的に無視され、自分たちも口を閉ざした時期が、爆弾投下直後に数年続いた、と描かれていました。
                 
                それを読んだ時、本当に悲しかったんです。
                一番被害を受けた人が、無視され、忌避され、「ないものにされてた」時間が数年もあったなんて!
                 
                原爆投下とその被害についても、朝日新聞がすっぱぬいた直後、当時の政府はきつい報道管制を敷いて、あの惨事が日本の人に知れ渡らないようにしました。
                世界の人はみんな知ってた。
                でも、日本人だけが知らされなかったのです。
                 
                今から68年前、(2011年なら66年前)と同じことが繰り返されている。。。
                インターネットのある時代に、ですよ!!
                 
                日本て、ぜんぜん成長してない(気がする。。)
                自分だって、個人的な性格などはぜんぜん成長しないんで、エラソウなことは言えないんだけど^^;;;
                でも、日本社会はもうちょっと成長してもよいのでは????
                 
                 
                今日の暮らしがほんとに目いっぱいである避難者さんたちだけが、必死で現状を変えようともがいています。
                子育てで目の回るような日々を送る若いおかあさんたちだけが、必死で放射能と戦っています。
                 
                彼らより時間のある世代、余裕のある世代の皆さん、もうちょい本気出しません〜〜???
                 

                 
                | イベントのお知らせ | 08:24 | comments(0) | - | - |
                今日明日と再放送です^^vEテレOur Voices「原発被災者からの手紙(1)(2)
                0
                   じじです、皆さまおはようございます!

                  福島県から避難中のKさん、Aさんから連絡いただいてます。
                  NHK EテレOur Voices「原発被災者からの手紙(1)(2)
                  皆さん、ご覧になられたでしょうか?

                  私は1日目だけ見て、2日目が見れなかった==!
                  2日目は、Kさんも出演してたのに〜〜

                  というわけで、今日〜明日と再放送です。
                  まだご覧になってない方、ぜひ見てね==!

                  Aさんからのお知らせメールをコピペします^^v

                  -------------------------------
                  7月1、2日(午後1時5分から)再放送があります。

                  福島の話だけでしたが、とても分かりやすいと思いますし、福島の当時の、そして今の空気感が少しでも伝われば・・・と思います。
                  福島のことを言っているのではなくて、避難するもとどまるのも苦渋の決断だということがよく分かる内容になっていたと思います。
                  私はとても共感できましたし、これこそ避難者の生の声だって思いました。

                  番組のHPには意見やコメントを残す欄もあります。
                  私は早速、また長〜いご意見メールを送ってみました(笑)

                  意見はコメントとちがって、別にオープンにもなりませんし、交流会とか行けない、でも何か言いたい!って時に、オススメかもしれません。

                  意見の他にも、こんな募集もありました。
                  ↓↓↓
                  6月24日、25日の「Our Voices」では、
                  「原発被災者からの手紙」と題して、
                  原発事故後、福島から母子で遠方へ避難をされた“母子避難者”の方や、現地の子育て世代の方々からの手紙をご紹介します。

                  ハートネットTVでは、今後も継続して、
                  原発被災者の方々の“声”を取り上げていく予定です。
                  直接、顔を出して取材をさせていただくことが難しくても、
                  今回のように、「手紙という形であれば」、という方がいらっしゃいましたら、
                  ぜひ声をお寄せ下さい。

                  テーマ 「今あなたに伝えたい」
                  (身近なご夫婦・両親、お子さんへ宛てた手紙、被災地以外の方に向けた手紙、 また、誰に宛ててよいか分からない想いなど、宛先の無い手紙でも構いません)

                  ・わかって欲しい苦しい胸のうち
                  ・私が救われた言葉 ・ 勇気づけられた出来事 など
                  (字数は400字〜2000字程度が目安です)

                  今回、ご紹介した母子避難者の方はもちろん、
                  それ以外の、強制避難区域からの避難された方、福島県以外からの
                  避難された方などからのご意見やお便りも募集しています。

                  お寄せいただいたメッセージの一部は、番組内でご紹介させていただく予定です。ぜひメッセージをお寄せください!

                  https://www.nhk.or.jp/heart-net/form/voice1.html

                  今回は福島だけでしたが、福島県以外からも募集しているということは、番組の製作意図としても「放射能は県境では止まらない」という頭があるのではないかということも感じました。

                  -------------------------------

                  もしどなたか録画していただけるようでしたら、
                  私にも一部、dvdを分けていただけませんか?
                  私、録画できない人間なんですよ==(超アナログ)

                  というわけで、皆さま、ぜひご覧になってください〜〜
                  &録画できた方、ぜひご一報くだしゃい!

                  | イベントのお知らせ | 06:32 | comments(0) | - | - |
                  7月は避難者さんのお話を聞く機会がいーーーっぱい!
                  0
                    3.11から2年とちょっと。
                    あの日のことは風化!!??なんて、とんでもない!!
                    私たちのすぐ隣で、理不尽な思いをされている方が、たくさんたくさんおられます。

                    かふぇたまで出会うママたちも、あちこちで講演会を開催しておられます〜〜〜!



                    ♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■

                    東日本大震災から2年4ヵ月、原発事故は終わっていない

                    【避難者講演会】 

                    日時 7月11日(木) 14:40〜16:10

                    会場 大阪市立大学法学部棟740教室

                    講師 江口 紀子 (避難者団体「関西Futureコミュニティ」代表)
                       森松明希子  (同副代表)

                    事前申込不要(先着順)、参加費無料

                    問合せ先 大阪市立大学 広報室 06-6605-3410

                    2011年3月11日、14時46分の東日本大震災発生から、
                    2年以上が経ちました。
                    しかし、福島第一原発では、
                    停電事故や汚染水漏れなどが相次ぎ、
                    およそ「収束」したとはいえない状況が続いています。
                    原発事故で避難をしている方々は、
                    今も15万人以上(福島県の避難者数)にのぼります。
                    汚染は福島の県境を越えて広がったため、
                    福島県以外の地域から避難している方々もいます。
                     
                    他方、福島の事故の記憶が、
                    「風化」しつつあるという危惧も聞かれます。
                    そこで私たちは、震災発生後2年4ヵ月となる7月11日、
                    原発事故で大阪に避難してこられた2人の方々を、
                    本学にお招きし、講演会を開催することにしました。

                    私たちの身近にいる当事者の声を受け止め、
                    原発事故の被害が継続中だという事実を、
                    ぜひ感じとっていただきたいと思います。


                    ♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■♯♯■

                    つづきまして、絵本作家の長谷川集平さんの講演会のお知らせデス!

                    皆さんはもう、『およぐひと』をお読みになりましたか?
                    3.11と真正面から取り組んだ、とても美しい、でも真実を語る、ふしぎなふしぎな絵本です。
                    私は、母子避難ママ あっこちゃんから見せてもらいました。
                    どきん、とすると同時に、よくぞ描いてくださった、と思いました。

                    【絵本作家・長谷川集平氏講演会】

                    絵本『およぐひと』を読んで考える東日本大震災 ──わたしたちはどう変われるか

                    日時 2013年7月13日(土) 10:00&#12316;11:45(受付9:30?)
                    場所 ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
                       視聴覚室(地下鉄・京阪「天満橋」より東へ5分)
                       (大阪市中央区大手前1丁目3番49号 TEL.06-6910-8500)
                    参加費 1000円
                    定員 70名
                    申し込み・問い合わせ oyoguhitoyomu@yahoo.co.jp

                    上記アドレスまで、事前申し込み(お名前)をお願いします。当日参加もOKですが、事前申し込みで定員を超えた場合には、入場をお断りする場合もあります。

                    主催:絵本「およぐひと」と出会う会

                    ・講演後、参加者との意見交換が予定されています。
                    ・お子様連れのご参加も可能ですが午前の講演会での託児はございません。お膝に乗せてご一緒に聴いていただくことになりますので、お絵かき帳や折り紙など、音の出ないお子様の退屈しのぎグッズをご用意ください。

                    ・避難者の方は参加費を免除していただけます。避難者の方はakko-m1025@mail.goo.ne.jp(森松)までお申込みください。

                    ・午後1時からは月に1度のドーンセンター避難者交流会(避難女性限定)があり、それを支援する方たち(イスキアもりのこばこ)との交流会が開かれます。 そちらに長谷川集平さんもお時間の許す限り
                    ご参加下さいます。母子避難者のことを描かれた集平さんと是非交流を持たれて下さい。


                    ====================

                    【ドーンセンター避難者交流会】

                    日時:7月13日(土)午後1時&#12316;4時
                    場所:ドーンセンター(京阪・大阪市営地下鉄谷町線「天満橋」駅より徒歩5分)

                    http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

                    対象:東日本大震災により避難してきた女性(子連れでなくてももちろん参加OK)

                    参加費:無料
                    保育:無料
                    申し込み:メールでお名前、避難元→避難先(例:茨城県水戸市→大阪府高槻市)、保育するお子様のお名前、年齢をご記入の上、下記アドレスまでメール下さい(申込〆切は保育ボランティア依頼の関係で開催日の1週間前)。
                    akko-m1025@mail.goo.ne.jp (森松)

                    お問合せ:090&#8722;9214&#8722;9764

                    主催:イスキアもりのこばこ
                    ============================
                     
                    皆さん、ぜひご参加ください〜〜〜!!
                    | イベントのお知らせ | 19:51 | comments(0) | - | - |
                    手紡ぎワークショップin南相馬は大盛況でした^^v
                    0
                       行ってまいりました!南相馬市原ノ町。
                      今日の主催は、アグリウォッチャークラブのOさんご夫妻。そしてたくさんのボランティアさんが地元から、東京からいらしていました!

                      原ノ町の図書館にも、ちらし置いてくれてました==!



                      会場の体育館には、時間前から待っててくれた子たちもいて、午後1時のスタートと同時に、5〜6人の方が集まってくださいました。

                      そこから3時間、ほぼノンストップで紡ぎまくり!!
                      何がなんだか〜〜???という間に、子どもたちもママたちも、すばらしい集中力で紡いだ糸で、シュシュやブローチを仕上げていきます^^v



                      こんなにできた==



                      コーディネーターのUさんも、男の子から手作りブローチをプレゼントしてもらってた〜〜〜!!



                      やっと一段落したのは、終了30分前。
                      なんとか全体の写真を撮ることができました^^;;>



                      みんなに楽しんでもらえてよかった〜〜〜〜!!!

                      「子どもの遊び場」は、毎月、原ノ町で開催されていて、常にボランティアさん募集中!

                      私たち手紡ぎチームも、次回は11月にお邪魔しようと思っています。

                      ◆子どもたち、ママ、パパたちに、スピンドルをコーチしちゃうよ〜!という方、ぜひご連絡ください。いっしょに行きましょう!!

                      ◎道具類はこちらで準備していきます。
                      ◎ミニバッツを提供していただいております(一個6〜7gのバッツ10個)

                      ◆羊毛を提供してくださる方、募集しています

                      おうちに眠っている羊毛で、もう使うことないだろな〜〜〜的なものがありましたら、ご寄付をお願いいたしますm(_ _)m
                      原毛でも、染め羊毛でもかまいません。

                      利用先:南相馬での手紡ぎワークショップ
                           かふぇたまでの避難者さん支援プログラム&出張手芸部

                      くわしくはメールにて!>makimono@maianetl.com
                      皆さまのご連絡をお待ちしています!


                      | イベントのお知らせ | 04:30 | comments(0) | - | - |
                      6月21日(金)〜23日(日)まで南相馬に行ってきます^^v
                      0

                         明日、金曜から、南相馬市原の町に、手紡ぎワークショップに行って参ります。


                        なんで今、南相馬なん?と言えば、
                        今中助教の「サイレントウォー」を読んだことが、大きなきっかけだったと思います。

                        あの本を読むまでは、放射能=得体の知れない「恐怖」でしたが、
                        読後には、放射能に対する印象がかなり変わりました。
                        放射能 とは、特定の元素が別の元素へ変容する時に放つエネルギーそのものであることが、理解できたんです。
                        すべての元素は、そうやって変容しながら、宇宙や地球やあらゆる生き物を生み出してきた、とも言えると感じました。

                        でも、それは神の技です(神様がいるとしたら!)
                        人が、神様のまねをしてはいけない。
                        人にはコントロールできない世界。

                        そして、福島第一原発は爆発し、たくさんの人が健康と命を失われようとしています。

                        私は3.11以来、福島原発周辺エリア全体を、恐れるようになってしまいました。
                        そこに住む人たちに、一日も早く引っ越してほしい、避難してほしい、子どもだけでも疎開してほしい、と願ってばかりいました。

                        一度も現地に足を運ばないまま、「逃げて!」と叫ぶことに自己欺瞞を感じながら。
                        それぐらい、放射能が恐かったんです===

                        でも、今中助教の「サイレントウォー」を読んで、気持ちが切り替わりました。
                        この本には、被ばく量を自分でコントロールし、判断する指針が書いてあったのです。

                        たとえば、今回伺う南相馬市は、県の測定値を信用する限りですが、高い場所で0.8、低い場所で0.1マイクロシーベルト毎時 です。
                        http://fukushima-radioactivity.jp/

                        中とって、0.4マイクロシーベルト毎時*注 で、3日間過ごすとしたら、

                        0.4マイクロシーベルト×24時間×3日間=28.8マイクロシーベルト

                        という計算になります。

                        今中助教が「サイレントウォー」の中で語る「判断基準」は、とてもユニークで、
                        1マイクロシーベルト=10円 で換算します。

                        てことは、28.8マイクロシーベルト=288円
                        288円、どっかに落とした、と考えなさい、というわけです。

                        288円なら、芦屋⇔大阪間のキップとほぼ同じ
                        きっぷを紛失して、もう一回お金払った・・・と考えれば、しゃあないなあ、と思える範囲です。
                        となれば、3.11以来、一度も行ってない福島に、今こそ行くべきだ〜〜!

                        と、意気込んでいたちょうどその時、モモの家のしほさんから、「大阪でひとやすみプロジェクト」のUさんを紹介してもらったんです===!
                        Uさんは言語療法士さん。2011年4月から、毎月、医療ボランティアとして被災地に通ってらっしゃいます。
                        とくに福島県にはお友達もいらして、ほんとにたびたび、ほぼ毎月、行き来してはります。
                        そんなスゴイ方と知り合った偶然がすごすぎる!! 

                        私も一度、福島に行きたいと思ってるの、と相談したところ、とんとんとんと話は進み、原の町で毎月開催されている「ほっとサロン と 子どもの遊び場」にて、手紡ぎワークショップを開催させていただくことに決まったのですう!

                        この話が決まって以来、NoNukes spinnersメンバーのkakaraさん、bitさんにもいろいろ相談に乗っていただきました。
                        kakaraさんからは羊毛を提供してもらい、
                        bitさんには同行してもらうことが決まりました!

                        スピンドルは子どもたちにプレゼントしまーす!

                        というわけで、明日から行って参ります。

                        パソコンを持って行かないので、ブログは来週までお休みいたします。

                        かふぇたま電話も置いていくので、電話はつながらなくなります。

                        悪しからずご了承くださいませ。


                        注)長い長い注意書き

                        ◎「サイレントウォー」の中で、今中助教は、判断基準値に2つのレベルを設けています。

                        〇匯困漾∋勸蕕討陵縦蠅ないオトナ 1マイクロシーベルト=10円
                        妊産婦さん、子ども 1マイクロシーベルト=100円

                        私は,謀てはまるので288円ですが、
                        △謀てはまる方にとっては、2880円。1日に1000円近く、お金を失くしてるのも同じになります。
                        正直、これはとても大きなリスクだと思います。

                        ◎南相馬市の実際の平均線量は、もっと低いです。
                        実際に、福島県内に暮らす方々は、どういった空気の中にお住まいなのか、
                        考えてみたいと思います。

                        たとえば、外気が0.2マイクロシーベルト毎時のエリアにお住まいの方なら、
                        木造家屋の中なら50%遮断、鉄筋コンクリートの建物内なら90%遮断できますので、
                        一日のうち、4時間を屋外、20時間を室内で過ごすとすれば、
                        下記のような計算になります。

                        【木造】
                        一日あたり>0.1マイクロsv×20時間+0.2マイクロsv4時間=2.8マイクロsv
                        一年あたり>2.8マイクロsv×365日=1022マイクロsv

                        <今中先生の判断基準>
                        ,とな 10220円
                        妊産婦さん・こども 102200円・・・年間10万円を紛失してる状態です。

                        <世界基準>
                         自然放射能1ミリsv
                        +1022マイクロsv=1.022ミリsv

                        合計 2.022ミリsv
                        *内部被ばくは含まれていません
                        *世界基準の2倍の被ばく量になります

                        【鉄筋】
                        一日あたり>0.02マイクロsv×20時間+0.2マイクロsv4時間=1.2マイクロsv
                        一年あたり>1.2マイクロsv×365日=438マイクロsv

                        <今中先生の判断基準>
                        ,とな 4380円
                        妊産婦さん・こども 43800円・・・年間5万円近くを紛失してる状態です。

                        <世界基準>
                         自然放射能1ミリsv
                        +438マイクロsv=0.438ミリsv

                        合計 1.438ミリsv
                        *内部被ばくは含まれていません
                        *世界基準の1.5倍の被ばく量になります

                        ◎1日のうち4時間しか外に出れない、という生活・・・あまりに辛いです。
                        また、子どもたちを存分に遊ばせてあげられない生活を、日本の一部のエリアの人に強いていることを、私たちはもっと実感しないといけませんよね!?

                        ◎政府、行政は、0.2マイクロsv毎時以上のエリアから、子どもさんと妊産婦さんを移住させねばなりません。
                        ウクライナもベラルーシも、そうしました。
                        豊かな国であるはずの日本でそれができないのは、あまりに理不尽です。

                        ◎この2年の間、日本にある全54か所の原発のうち、53か所がお休みして送電してないのに、私たち、電気足りなくて困ったことがないですよね?
                        つまり、火力&水力発電で電気は足りてるんですよ!
                        代替エネルギー発電所も、ほんまは新設の必要はないんです。

                        なのに、原子力委員会&電気会社は、また原発を動かそうとしていると、ニュースが言ってます。

                        原発を寝かせたままだと、ものすごい負債になるから。
                        廃炉にすると、会社が破たんするほどお金がかかるから。

                        たったそれだけの理由で、何の安全性も確保できてないまま、
                        何の展望もないまま、
                        ただただ、今期、会社を赤字にしたくない、という一心で、また原発を動かそうとしています。

                        ほんとに泣きたいなあって思います。
                        南海トラフがきたら30万人死ぬと煽りたてながら、原発を動かそうとする政府。
                        私たちはいったい、どこへ向かってゆくのでしょうね????

                         

                        | イベントのお知らせ | 10:36 | comments(0) | - | - |
                        | 1/4PAGES | >>